ベトナム中部洪水被災地への支援のため募金活動を行いました。

2020/11/15(日)

 

ベトナム中部洪水被災地への支援のため募金活動を行いました。

ベトナムでは10月上旬から続く台風や熱帯低気圧の影響で、中部を中心に過去30年で最も多い雨量の大雨が続いています。洪水と土砂崩れにより1022日までに111名が死亡し、22名が行方不明になっており、今も台風が次から次へと上陸している状況です。

長崎県と友好交流関係にあるクァンナム省では複数の村が冠水し、朱印船貿易の拠点となったホイアン市も洪水にみまわれています。

 

本石灰町とベトナムは秋の大祭である「長崎くんち」で奉納する「御朱印船」を通じた交流が古くからあります。2017年には官民一体となり長崎駅にあった御朱印船のレプリカを修繕し、ホイアン市へ寄贈しました。

 

このたび在福岡ベトナム総領事館より被災地に対する支援についての相談を受け、本石灰町自治会、青年部、長崎ベトナム友好協会、在長崎ベトナム人会が立ち上がり、募金活動を計画し、被災地域の一日も早い復旧を願い支援募金を呼びかけました。

当協会からは冨岡理事長、粟屋副理事、本田理事、大久保県議会議員さん、長崎県からは平田副知事ほか職員さん、長崎市は田上市長ほか職員さん、本石灰町は役員さんと青年部の皆さん多数、在長崎ベトナム人会からはリン会長はじめ、多くの方が募金活動にご参加してくださいました。

 

 

おかげさまで今日現在で83万円以上の寄附をいただいております。長崎市民の皆さまからいただいた温かいお気持ちは、在福岡ベトナム総領事館と在日本大使館にご報告し、洪水被害の復興に役立てていただけるようお届けします。

在日本ベトナム大使館 ヴー・ホン・ナム大使が表敬訪問されました。

2020/8/9(日) 

 

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典のために来崎されていた、在日本ベトナム大使館のナム大使ご夫妻が長崎ベトナム友好協会を表敬訪問されました。 

 

表敬訪問では新型コロナウイルス感染症について、ベトナムでは725日まで約100日間に渡り市中感染ゼロが続いていたが今は第2波がベトナムを襲っており、急速に広がっていること、また、熊本県においてベトナム人の技能実習生が職場でクラスターが起こり、30名もの実習生が感染したとの情報をお伺いました。

長崎大学経済学部の宇都宮譲先生にご参加いただき、経団連から支援で実施しているメコン河口MoO干潟における環境浄化と生態系保全活動についての説明をしていただきました。このことに関連して、ソクチャン省にあるカントー大学への調査船の寄贈について話をいたしました。

ナム大使からは、ひとつの大学で調査船を管理することはとても困難であるため、天然資源環境省に管理を依頼することのご提案を頂戴しました。

  

この日は日本語教室を開催していたので、ナム大使に見学していただき激励のお言葉をいただきました。

在留ベトナム人向けコロナ支援説明文 公益社団法人ベトナム協会より

公益社団法人ベトナム協会の小川さんより
在留ベトナム人向け コロナ支援説明文
◆ コロナによるビザ手続きベトナム語日本語
◆ コロナ緊急経済対策10万円手続きベトナム語日本語

が届きましたのでご参考になさってください。

 

いつもお世話になっています。お元気にお過ごしでしょうか。

新型コロナの影響で日本で生活するベトナム人の方の中には大変困っている人も多いと聞いています。皆様の周辺でもご相談をお受けになっていることでしょう。
ベトナム協会は、直接の支援は難しいですが、政府の経済対策やビザ手続きについて、ベトナム語版を作って、全国のベトナム関係団体や在留ベトナム人のフェイスブックで広く伝えようと思います。
良かったらご利用ください。
技能実習生や日本語学校の学生は、十分日本語が理解できない人が多いです。次の学生支援についても同様に広報しようと考えています。

ベトナムから4,050枚ものマスクが届きました!!

2020/5/11(月)

 

現在、長崎県においても新型コロナウイルス対策に日々全力を尽くし、一日も早い収束に向け、県民一丸となって取り組んでいるところです。

 このような窮状時にベトナム国において設立されている、在ベトナム長崎同窓会・長崎元留学生協会よりマスクをプレゼントしたいとのご提案をいただき、4,050枚ものマスクの寄贈を受けました。在ベトナム長崎同窓会・長崎元留学生協会は、長崎大学や活水女子大学等で学んだ元留学生や長崎に本社のある企業等で構成されておりますが、なかでも長崎大学の医学部で学んだドクターや研究者が多数おり、ハノイの北部地方やホーチミンの大きな病院や研究所で重要な役割を担っていると聞いております。彼らが中心となり集めていただいたマスクは大変心強く、コロナ対策に立ち向かう気持ちを一層奮い立たせるものです。

 在長崎ベトナム同窓会・長崎元留学生協会のお心遣いを心のよりどころの一つにして、今後ともコロナ撲滅に向け万全の対策に努めてまいります。

 マスクは令和2年5月11日に長崎県へ寄贈させていただき、県を通じて、医療機関、老人福祉施設や、ベトナム人留学生等へお届けさせていただきます。

 

 在ベトナム長崎同窓会・長崎元留学生協会の皆さま方、誠にありがとうございました。

Facebookページはこちら

ベトナム・ホーチミン在住のフリージャーナリスト 迫田陽子さん(2011年当協会会員)、現地から 見た「世界の姿」を知る ニュースサイト

dot.worldのベトナムコラムページを担当され、隔月で連載されています。