学ぼう!にほんご ~開講~

2018/4/15(日)

 

 技能実習生として来日し、住吉の田中食品さんで働いているベトナム人の、ガンさん、ガーさん、ティエンさんを生徒として迎え、日本語教室を開講しました。

 

私もご挨拶いたしました。

 

先生役は現役の英語教師、久保先生がボランティアで手伝ってくださっています。

日本語を学ぶことはもちろんですが、実習生の話が日本語教室を楽しくしてくれます。

 

日本のお菓子は何でも美味しいそうです。

おやつに用意していた「ハーベスト」が大人気。

スタッフも食べたかったようですが、8袋あったものの3人のお腹に納まりました。

 

先生が「家族が長崎に来たらどこへ連れて行きたいですか?」の質問に「チトセピア」と。

何とも可愛い回答です。

 

「女性のお客さんに、おばさんと呼ぶべきか、おばあさんと呼ぶべきか、迷うことがあります」と。

「お客さま」と呼ぶことになりました。

 

教材用のプリントに答えを書いて、先生に赤ペンで○をつけてもらえることが、とても嬉しいようです。

 

来週日曜に2回目の日本語教室開催します。

 

日本語教室を始めます。

2018/4/8(日)

 

 住吉商店街の田中食品さんで買い物をしていて、偶然ベトナム人が働いていることに気づき、すぐに話しかけました。

 

店長さんに当協会のことを話しましたら、「技能実習生を7名受け入れているが、日本語を勉強したい人が3名いるので日本語を教えてくれる場所がないか」と相談を受けました。

 

ここでやるしかないと思い立ち、早速打ち合わせをしました。

勉強頑張って、日本語検定3級(N3)を取得したいそうです。

 

日常生活や仕事中に理解できなかった言葉などもメモにして持参してもらうことにし、何からできるかまだ手探り状態ではありますが、来週日曜に開講します。

Facebookページはこちら

2011年度まで当協会の会員、サコタさんのベトナム生活ブログ。

 

<前略、路の上より ~Saigon Street View~>

4年間の記者生活を経て、サイゴン生活再び。 バイクの洪水に揉まれながら第二の故郷で癒され、翻弄される日々を伝えます。