九州ベトナム友好協会設立10周年記念パーティ

2018/9/10(月)

 

 九州ベトナム友好協会設立10周年記念パーティ

今年10周年を迎える九州ベトナム友好協会の設立パーティが開催され出席しました。

 九州とベトナム双方の経済と文化交流の発展に寄与することを目的に総領事館等々と連携し、経済交流ミッションへの参加や、ベトナムセミナーの実施、2013年には福岡県、九州国立博物館とタイアップした、大ベトナム展を開催するなど様々な事業に取り組んでこられました。

 さらに日越両政府ならびに九州の政財界関係者が中心となり、福岡県ベトナム友好議員連盟や九州各地の教育機関と連携したベトナム修学旅行への取り組みにおいては過去5年間で高校生の修学旅行における訪問者数が累計1万人を超過したそうです。このことは本年5月、天皇陛下が国家主席との宮中晩餐会の席において言及されています。

 九州ベトナム友好協会は8月に友好褒章を受章されました。この10年での九州とベトナム経済の密接な繋がりにより、さらに交流が活発なものとなります。

 発足から会長を務められた八頭会長は名誉会長になられ、新会長に九州電力の佐々木社長がご就任されました。

佐々木会長を中心に新しい形のなかで発展していきたい」と矢頭名誉会長がご挨拶されました。

長崎東高校ベトナムフィールドワーク グローバルレポート

 2018/9/7(金)

 

 630日に来訪された長崎東高校(SGH=スーパーグローバルハイスクール指定校)の生徒さんがベトナムでのフィールドワークを終えグローバルレポートをいただきました。

 平和班の生徒さんたちはホーチミンにある孤児院への訪問や、ベトちゃんドクちゃんのグエン・ドク氏との対談、戦争証跡博物館、クチトンネルの視察等行い、改めて戦争の悲惨さ、平和の尊さを、世界の恒久的な平和を自分たちが伝えていかなければならないことを改めて実感されたようです。小さなことでも良いので、日本とベトナムの友好親善の架け橋になっていただければと思います。

 

※画像をクリックすると大きく表示されます。

 

-友好褒章の受章-ベトナム社会主義共和国建国73周年並びに越日外交関係樹立45周年の祝賀レセプションに出席しました。

2018/8/31(金)

 

 ベトナム社会主義共和国建国73周年並びに越日外交関係樹立45周年の祝賀レセプションに出席しました。

 

 大変光栄なことに、この会でベトナム政府から友好褒章をいただきました。

 チャン・ダイ・クアン国家主席名による国家的な表彰です。

 この地域を代表して受章させていただきました。

 当協会の理事である本田商會本田文昭会長は外務大臣から感謝状が贈られました。

 

 400年前から大阪堺市、福岡博多、長崎出島から多くの御朱印船が行き来し、この歴史の延長線上に今日の日越友好がに築かれています。

 九州はこの在福岡ベトナム総領事館がありますので、経済的にもあるいは留学生にも、また交易においても盛んな地域です。

 これからも日本とベトナムの経済発展、友好を心から願っています。

 

 

長崎県議会同行ベトナム訪問団2018夏

 2018/8/16(木)~19(日)ベトナムダナン、クァンナム省、ホイアン市、ホーチミン市を訪問しました。

 今回は

1:クァンナム省における高濃度廃液の減量・浄化による水環境改善事業協議への参加

2:長崎県議会とクァンナム省人民評議会との友好交流関係に関する同意書調印式への参加

3:ホイアン日本祭り2018開会式への参加

4:御朱印船の展示状態、今後の活用及び展示場所についての確認

5:ダナン飲食関係者との意見交換及び交流

6:ステンドグラス工場見学

7:ベトナム長崎同窓会における意見交換及び交流

以上を目的として訪問いたしました。

 今回の訪問は当協会会員である、牛丸の近藤さん、木原宝飾店の木原さん、ジェイボーイプロジェクトの杉本さんが同行されました。

 

8/16(木)

到着後、ダナンで飲食店を展開されている矢澤さん、ダナン市外務局元副局長のヒューさんと、以前から交流でお世話になっている中村さんとお会いしました。

 

牛丸の近藤さんもダナンで飲食店を展開されているので、現地飲食業界についての意見交換の機会となりました。ダナンのカジノも見学に案内してくださいました。

 

8/17(金)

 午前はクァンナム省における高濃度廃液の減量・浄化による水環境改善事業協議への参加をするため、協和機電工業㈱の小林さん、長崎県国際課の西村さんとともにクァンナム省タムキー市にあるURENCO社を訪問し、プロジェクト合同管理委員会(天然資源環境局、クァンナム省出資の産廃処理業者であるURENCO社、外務局)と協議を行いました。

 この事業は日本の環境省の支援により、長崎県、長崎大学、協和機電工業(㈱)当協会の4つの機関で、クァンナム省において高濃度廃液の減量・浄化による水環境改善の実証を案件として実施するプロジェクトです。現地での調査を進めています。

 クァンナム省にあるURENCO社がベトナム側のパートナーとして協力していただいています。

 今回の協議で問題点がわかりました。実証するために法律や法的な手続きにおいて、天然資源環境省の許可が必要です。そのためにはクァンナム省のクァン書記長、またトゥ委員長の協力が必要であることがわかりました。同日午後に行われた、長崎県議会とクァンナム省議会の友好交流に関する同意書調印式でクァン書記長らとお会いしましたので、クァン書記長から天然資源環境省に提出する資料を専門家に作成してもらうよう指導していただくこと、また、その資料を当局に提出し、実証を実施する許可を早急に出して頂けるよう、協力を依頼しました。翌週に文書を発出していただける旨、仰ってくださいました。

 

タムキー市内にある、英雄の母の像にも立ち寄りました。

 昨年中村知事、田上市長らと植樹した被爆楠の苗木は、問題なく成長していました。

 

 午後は、長崎県議会とクァンナム省人民評議会との友好交流関係に関する同意書調印式へ参加をいたしました。昨年の平成2965日に長崎県とクァンナム省人民委員会トゥ委員長により、友好交流関係に関する同意書の調印式が行われましたが、今回は議会同志による友好交流の調印式が行われました。調印後は、ダラットワインで乾杯が行われました。

 

 御朱印船プロジェクトにより寄贈した御朱印船を視察しました。

 寄贈してから1年弱となりましたが、傷みは見られず、ホイアンの新しい観光スポットとなっていました。

 御朱印船についている逆さVOCのマストと座布団については布製品なので、若干の色褪せがわかりました。ホイアン市に協力していただき、1年に1度は御朱印船の大掃除をお願いしたい考えです。

 御朱印船の傍に植樹した被爆楠の苗木も成長していました。

 

 夕刻からは歓迎レセプションにお招きいただき、その後ホイアン日本祭りに参加しました。

 地元の人はもちろん国内外から大勢の観光客が参加するなかで、クァンナム省の開会のご挨拶では何度も“長崎”“長崎”と長崎との親密な交流を仰っていただきました。

 

8/18(土)

 

 ダナンからホーチミンへ移動し、元留学生のアントゥさんにお世話いただき、ステンドグラス工場を見学しました。ホイアン市内の建物で見かけるステンドグラスのほとんどは、この工場で作られたものとのことです。広い工場のなかで若い職人さんがステンドグラスを作っていました。

 私は現在ステンドグラスについて、長崎らしいデザインの工芸品として活用する方法を官民一体となって検討し、産業化の可能性を探るべく「長崎ステンドグラス産業化研究会」を立ち上げ、長崎市内のステンドグラス店を見て廻るなど、何とか産業化できないかを考えています。

 

 夜は、元長崎留学生との同窓会を開きました。現地で国立大学の先生になったり、日系の企業に就職したりと、皆さんとても活躍しています。訪問した際にはお会いし情報交換を行い、ベトナムと長崎の架け橋になっていただけるよう、交流を継続していきます。

東京2020オリンピック・パラリンピック事前キャンプ誘致事業-ベトナム空手チームが長崎へ-

 東京2020オリンピックに向けて、ベトナム空手チームのトレーニングキャンプが長崎市内で実施されました。
 長崎県では東京2020オリンピック・パラリンピックにおける事前キャンプ誘致に取り組んでおり、ベトナムのホストタウンとして国からの登録を受けております。

 今回はベトナムからコーチ2名、選手6名の合計8名でのキャンプが79日~731日まで実施されました。

 長崎県と県スポーツコミッションの連携で、選手団が充実したトレーニングを実施できるようサポートされています。

 当協会でもベトナム留学生に協力してもらい、通訳のサポートをしました。

 冨岡理事長も最終日に激励に駆けつけることができました。

 これからも継続的にオリンピック出場を目指す選手団がベトナムから長崎にこられるので、当協会も交流や通訳等、積極的にサポートしていきたいです。

長崎県商工会連合会によるベトナム交流人財招致事業          -ホーチミンの高校生が長崎へ-

2018/7/5(木)

 

 今年も長崎県商工会連合会によるベトナム人交流人財招致事業により、ベトナムホーチミンから高校生が30名、7/5(木)7/15(日)の日程で長崎に招聘されました。

 

歓迎レセプションが開催され出席いたしました。 

 

11日間の日程で、ホームスティ、平和学習や県内の企業・大学の訪問、高校生との交流など、様々なことを体験されます。この事業は今回で3回目となられますが、この体験は参加された皆さんがこれから自分の進路を考えるときに大変ためになるとても良い機会を与えていただいていると思います。

 

 雨の日がまだしばらく続きそうではありますが、楽しく過ごしていただき、長崎とベトナムの架け橋になっていただきたいです。

今年もベトナムでのフィールドワークを実施します。             ―長崎東高校生徒さんが来訪―

2018/6/30(土)

 

 長崎東高校2年生の北野さん、若菜さん、黒田くん、山川さんが、担当の濱村先生とともに今夏ベトナムで実施されるフィールドワークを前に当協会を来訪されました。同校は文部科学省からSGHスーパーグローバルハイスクール)の研究指定を受けており今年が3年目です。 

 

長崎ならではの3つの視点(国際平和、医療支援、水環境)からグローバルな課題を把握し、研究活動を通してグローバルリーダーとして必要な資質、能力を育成するためのプログラムを開発し、成果を発信されます。

 

皆さん熱心に話を聞いてくださいました。ぜひたくさんの経験を積んできてください。

クァンナム省人民評議会代表団が来県されました

2018/6/22(金)

 

 長崎県と友好交流関係にあるクァンナム省からファン ヴィエト クオン クァンナム省党委員会筆頭副書記をはじめとする人民評議会代表団が本県を訪問されました。

 新県庁舎建設を祈念して、クァンナム省からレリーフが寄贈され、県庁にて贈呈除幕式が行われました。

 また経済、交流、人材育成等について協議が行われました。

 当協会では、ベトナム人留学生や、在日ベトナム人の方たちに協力してもらい、通訳のお手伝いをしました。通訳をしてくれた留学生は「自分の経験になる」と、積極的に参加してくれます。2020年オリパラに向け、本県においても事前キャンプ等でベトナムからの来日が増えますので、随時対応していきます。

 

平成30年度定期総会の様子が長崎新聞に掲載されました。

2018/6/19(火)長崎新聞掲載

平成30年度定期総会、NPO法人設立10周年記念講演、懇親会を開催しました。

2018/6/16(土)

 

平成30年度定期総会、及びNPO設立10周年記念講演と懇親会を開催しました。

定期総会では昨年度の活動と収支決算報告、また、本年度の活動方針、会計収支予算についてご説明しました。

 

当協会が窓口となって助成金の申請を行ったり、共同で取り組んでいるメコン河口の自然環境保護活動、クァンナム省におけるアジア水環境モデル事業、御朱印船プロジェクトについては、それぞれの事業のご担当者からご説明をしていただきました。

 

本年は当協会がNPO法人となり、10年目を迎えました。

記念講演として、在福岡ベトナム総領事館のホン総領事からベトナム事情についてご講演いただきました。

また、ベトナムホイアン市の再開発について提案をされている㈱日建設計シビルのかたにお越しいただき、ご講演いただきました。日建設計シビルさんは新県庁舎の設計も手がけられています。

 

懇親会は協力会員となっているベトナムメンバーや留学生、技能実習生も加わり賑わいました。年々活動内容が充実し、会員数、総会への参加人数が増えています。

 

この一年もベトナムとの交流が充実できるよう、会員の皆さんにご協力をいただきながら活動していきます。

総会では、新入会員の方にご挨拶をしていただきました。*写真をクリックすると拡大します。

活動報告、記念講演ありがとうございました。*写真をクリックすると拡大します。

懇親会も多数ご出席いただきました。ありがとうございました。

日本語教室の模様が読売新聞に掲載されました

第3回日本語教室「未来 Future」を使えるようになろう

2018/5/6()

 

「意向表現」を理解し、文章を作れるようになろうをテーマに

 いっしょに行く。→いっしょに行こう。

みんなで踊る。→みんなで踊ろう。

 ~つもりです。/予定です。

来年家を建てよう。→来年家を建てるつもりです。

何があってもやめません。→何があってもやめないつもりです。このような文章を勉強しました。

 

ベトナム料理の生春巻きとサラダを作って持ってきてくれていたので、終了後に皆でいただきました。

 

この日からクオン君が仲間入りし、塾生は4名になりました。

 

このほか職場健診を受けるための申込書記入のチェックや、検尿検便の取り方について相談があり、説明しました。

 

ティエンさんから「柔道を習いたい」との申し出があり、柔道も習い始めました。

日本に来て4ヶ月。学びたい意識が皆高く、とても感心しています。

平成30年度 定期総会のご案内

平成30年6月16日(土)15時30分より、平安閣サンプリエールにおきまして定期総会を開催いたします。

大変お忙しい中と存じますが、会員の皆様方のご出席をお願い申し上げます。

 

懇親会に参加したい留学生、技能実習生は当協会までご連絡ください。

 

 

 

←クリックすると拡大してご覧いただけます

第2回日本語教室「けん、けん」とはどういう意味ですか?

2018/4/22(日)

 

「可能表現」を理解し、文章を作れるようになろうをテーマに

 

話すことができます。→話せます。

ピアノを弾くことができます。→ピアノを弾けます。

 

このような文章を勉強し、可能動詞が使えるようになりました。

 

1週間での出来事の発表では

「私がするけん。熱かけん。」と、けん、けん言われて、どういう意味か疑問に思っていたようで、けんけん言うのは

「私がするから。熱いから。」という長崎弁であることを説明しました。

 

また、「冷たい風が針のようにsting」の意味が理解できないとのこと。

日本では風がとても冷たいときに、「風が肌に刺す」と表現することを説明しました。

 

読売新聞さんが取材に来られました。

学ぼう!にほんご ~開講~

2018/4/15(日)

 

 技能実習生として来日し、住吉の田中食品さんで働いているベトナム人の、ガンさん、ガーさん、ティエンさんを生徒として迎え、日本語教室を開講しました。

 

私もご挨拶いたしました。

 

先生役は現役の英語教師、久保先生がボランティアで手伝ってくださっています。

日本語を学ぶことはもちろんですが、実習生の話が日本語教室を楽しくしてくれます。

 

日本のお菓子は何でも美味しいそうです。

おやつに用意していた「ハーベスト」が大人気。

スタッフも食べたかったようですが、8袋あったものの3人のお腹に納まりました。

 

先生が「家族が長崎に来たらどこへ連れて行きたいですか?」の質問に「チトセピア」と。

何とも可愛い回答です。

 

「女性のお客さんに、おばさんと呼ぶべきか、おばあさんと呼ぶべきか、迷うことがあります」と。

「お客さま」と呼ぶことになりました。

 

教材用のプリントに答えを書いて、先生に赤ペンで○をつけてもらえることが、とても嬉しいようです。

 

来週日曜に2回目の日本語教室開催します。

 

日本語教室を始めます。

2018/4/8(日)

 

 住吉商店街の田中食品さんで買い物をしていて、偶然ベトナム人が働いていることに気づき、すぐに話しかけました。

 

店長さんに当協会のことを話しましたら、「技能実習生を7名受け入れているが、日本語を勉強したい人が3名いるので日本語を教えてくれる場所がないか」と相談を受けました。

 

ここでやるしかないと思い立ち、早速打ち合わせをしました。

勉強頑張って、日本語検定3級(N3)を取得したいそうです。

 

日常生活や仕事中に理解できなかった言葉などもメモにして持参してもらうことにし、何からできるかまだ手探り状態ではありますが、来週日曜に開講します。

Facebookページはこちら

2011年度まで当協会の会員、サコタさんのベトナム生活ブログ。

 

<前略、路の上より ~Saigon Street View~>

4年間の記者生活を経て、サイゴン生活再び。 バイクの洪水に揉まれながら第二の故郷で癒され、翻弄される日々を伝えます。